平日トレイルランナー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第19回日本山岳耐久レース

<<   作成日時 : 2011/10/23 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

3年ぶりのハセツネ、おかげさまで無事完走できました。まず、応援してくださった皆さんありがとうございました。

さて振り返ります。(長いです・・・)

完璧な雨予報でコンディションは不良馬場を誰もが予想した今大会。自分もその一人で、眼がねへの雨粒防止でキャップを着用

スタート前には豪華な面々が揃う。さすが「日本」とつくだけある。みんなが何かを目標に狙っている。

スタートは今回はスムーズ。結構前にならばさせてもらった。

さすがにちょっと緊張した。なにしろ3年ぶりでしたから、やはり特別な大会と言う感じがしました。

スタートするともの凄い声援の中を進んで行く。ロードでは全然適わないトップ選手と併走。広徳寺のロードでいきなり相馬さんが一人抜け出してるのを見た。

アップもあんまりしてなかったせいかすぐ息が上がりきつい。速い流れだと分かっていてもあえて付いていった。今回は9時間という大きな目標があったから。

今熊、刈寄と進み、入山峠へ。ここで49分。前回の浅間タイムアタックとほぼ同じ。ここでイタキチさん、ハリマネさんに応援をいただく。
「速い速い」という声に気をよく進む。

この区間は苦手でいつもきつい。1時間20分くらい経過したところで初めての補給。そうすると不思議と苦しさが減っていき黙々と良いペースですすんで行くのがわかった。

醍醐丸手前で一つのパックに取り付く。これが絶妙なペースを刻んでいて、最後尾に付かせて貰い温存させてもらった。

醍醐丸に1:58。気持ちよく走れている。まだまだ上げれる、そんな状態。ナオッキーさんやユガフさん達に声援をもらう。
「正直、調子良いです!行けます!」そう言った。

このパックにすっかりお世話になり、浅間峠は2:56で到着。前回の試走のときと同タイムだが、余裕度が違う。応援に来ていたtnaoさんにも絶好調宣言。このとき俺はのっていた・・・。

浅間を越えると稼げる区間、先頭を引っ張っていくとパックはなくなった。

西原峠前にライトを装着。ナイトステージに突入。
キャップを後ろ被りにしてヘッドライトを装着した。

三頭への上り、息は上がるものの順調に進む。途中でシロッピさんと合流ちょっと苦しそう。

自分もさすがに疲れがでてきた。やはり前を引っ張るよりも後ろに着くほうが楽だ。

そして首も痛くなってきた。これはキャップ&ライトの締め付けがもろに影響していたのだった。

三頭山頂に着き、全く寒くない、雨も降らない、だまされたー良い意味で、ベストコンディションだと思った。経過時間から8時間台はちょっと厳しいが、この調子で後半伸ばせば、9時間一桁台はいけると踏んだ。

鞘口峠への下り、霧が一気にでてきた。ヘッドライトの灯りは拡散してまったく邪魔に、ただでさえテクニカルなところなので慎重に下る。このあたりで腹筋もかなりダメージが出てきているのがわかった。

月夜見まではまだ前後の選手と談笑したり余裕があった。月夜見駐車場には5時間48分で到着。よーしこれからだという感じであった。

ポカリを1リットル補給。あとはコップでがぶ飲み。ここで雨がもう降らないと決断キャップをザックへ。

御前山への上りに入ると、はい、来ました、真っ白いや真っ黒な世界。霧でどこだここは?的な感覚。脚にも疲れがでてきてなんとか巻き道を進む。ここで矢印は直登の指示。この登りで最大の試練が発生

「ぴき・・ぐにゅ」という感じでしょうか右ももの内転筋がつりました。まだまだ急登は続くのにあせります。左で踏ん張ると、今度は左ももの内転筋がやられました。脚を棒のようにしてその部分の筋肉を使わないようにちょっとずつ上がっていきます。激痛というより、気持ち悪い痛みです。

思い返すとやはりオーバーペース気味に突っ込んでいたのと雨の予想に反してかなり暑く、発汗量が多かったのが原因のひとつかなと思います。まだまだ鍛え方が足りないです。四つんばいになりながら必死に前へ進みます。

斜面は平気で段差で大きく踏み込むと再発することを確認。上手く避けて避けて動きます。

御前山に到着したときはほんとホッとしました。知り合いのスタッフがいて熱い応援をいただきました。やる気がまた戻ります。しかし、それと同時に大岳の岩場と日の出の登りへの不安がよぎります。

霧はずっと出ていました。御前山から大ダワまでの下りは慎重に行きましたが、そうするとブレーキをかけるためにいろんなところに疲労が溜まります。大ダワについたころには、ついに腹筋が下りの衝撃に耐えれず、内臓にもろにきた感じで腹痛を起こし始めました。

ここまできたら走れるところは走ります。脚もジョグは問題ないです。しかし全身疲労が思ったよりもありました。

何人か抜き、岩場へ突入、一歩踏み入れた瞬間「ぐにゅ」ぎゃーー来ました・・・。また両足痙攣。後ろの選手に気づかれないように必死にかばって上ります。「あー。くそー!」途中で奇声を上げていました。悔しかった。

筋肉をかばうために全集中してたので、下りはざるに。岩場の下りは慎重に行きましたが、脚を深く曲げると簡単に攣ってしまうのでほんとロボットのように降りていきます。

ハセツネ55キロポスト付近。真っ白な霧がまたたくまに包みました。

といってもスパートできるような状態ではなかったですが、水場を通り過ぎ走りやすい道をジョグで進みます。もう9時間1桁なんて無茶な時間です。

第3関門に到着。8時間14分過ぎてました。ここでも知り合いが自分に気づき声援を送ってくれました。きつくてはっきりと返事できたか覚えていません。

霧の中、走ります。ヘッドライトはもう邪魔。ハンドのみ使用に切り替え。野獣にならなくては・・・意味が分かってきました。

日の出への上り、あっちゃいけない階段さんがありました。。
一歩入れたら早速来ました!両足。とにかく違う筋肉を使え!と横向きで蟹のように登りクリア!しかし、もうヘロヘロです。

日の出山も真っ白。。

ここでまさかの水切れ・・・。前半給水を抑えていた分、後半の消費が早かった、攣ったこともありポカリで塩分を身体に入れてやろうとしていた面もここに来て裏目にでた。

金比羅尾根、水がない、脚もない、腹筋もない、腹痛い。

とネガティブ発想が揃いまくっていたが、金比羅尾根で歩きたくない!という気持ちだけで、超スローだが、上りも走った。3人ほどに抜かれたが、気持ちが折れた3人ほどを抜き去った。

残り5キロからが長かった。調子次第でこれほど変わるものか。。

かなりフラフラしてきた。ちょっと倒れそうだ。倒れたら元も子もないし、スタッフに迷惑かけるし、その時はちゃんと歩こうと決めた。

ここで目の前に見覚えのあるTシャツがfunachiさんだ!膝痛で本調子ではなかったようだ。ここで激をもらい、なくなりそうな意識がはっきり戻った。

最後のコンクリートをガンガン下る。やはりこれも長く感じる。

ロードに出て、ヘッドライトを外す。やっぱりゴールは気持ちよく決めたいでしょう!!

前後のランナーが空いていたおかげか、とても大きな声援をいただきゴールできた。タイムは9時間半も超えていた。しかし自己ベストは微妙に更新!!

途中応援をいただいた方々、前を走っていた強力な戦友達との握手はやはり感動的だった。これがハセツネ最大の魅力だ。

脱水気味だったのもあり立っているのも辛い。全て出し切ったと思う。



今回はサブ9という大きな目標があり、ひたすらそれに向かって行った。オーバーペースもしょうがなし、これを乗り越えないと無理な目標でもあった。
両足攣ったのは初めて、長い距離の練習が少なかったため前半のハイペースから耐えれる筋力がまだ無かったと素直に認めます。腹筋にしても、補強運動的な筋トレは毎日やっていたが、実際にレースペースで走るのはまた酷使度が違う。

収穫もある。浅間までのきつい区間、余裕をもってサブ3、この感覚を忘れないでいたいものだ。

3年振りのハセツネ。なんか自分のテーマは「9時間切り」だった。
知り合いの選手達がみんなその目標に向かっていた、そうやって切磋琢磨しているのが凄く楽しかった。
達成した人もいれば、後一歩だった人もいる、自分のように全然駄目だった人もいるし体調不良、怪我などで無念のリタイアの人もいる。



来年も出ることができたら、また「ハセツネ9時間切り」に挑戦したい。


記録 9時間35分33秒 総合38位 年代別 5位

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、ばにらと言います。
さんぽさんのリンクから偶然たどり着きました。
浅間過ぎくらいから御前山登りくらいまで後ろに着かせてもらった者です。(途中このペースでサブ10行けますかと尋ねたらサブ9.5くらい行けるかもしれないとアドバイスをもらいました)
そげんが良いペースを作ってくれたのでランニングを始めて2年弱の自分が初参加のハセツネでサブ10(9:43’35”)を達成することが出来ました。
ありがとうございました。
また、どこかでお会いすることがありましたら、よろしくお願いします。
ばにら
2011/10/26 22:50
ばにらさん〉分かりますよ〜!原始人さんとさんぽさんのお仲間ですよね。初出場でそのタイムはかなり凄いですよ!

来年は一緒にサブ9を目指しましょうね。
そげん
2011/10/27 17:57
 そげんさん、完走+年代別入賞おめでとうございます。
悪天候の中で完走された上に、年代別入賞されるとは
本当に『遖』(あっぱれ)です。

 内転筋の痙攣や悪天候にめげず最後までゴールに
進み続けた事に、そげんさんのトレランに対する
強さが伝わって来ます。

 ハセツネ完走・自己ベスト更新・年代別入賞、
本当におめでとうございます。
緊張の迷人
2011/11/09 21:22
緊張の迷人さん〉ありがとうございます。辛いレースでしたが今は良い思い出です。来年もまた出場したいです。
そげん
2011/11/11 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
第19回日本山岳耐久レース 平日トレイルランナー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる